>

NEWS

インバウンド集客 多言語サイトを作るべき3つのポイントと気を付けるべき注意点

2024.4.4

こんにちはリリーです。事業を行う上で最大の悩みの一つともなるのが「集客」です。

最近はどのような業種でも、オンライン集客の必要性を求められます。
特に日本に訪れる外国人の方々の集客にはオンライン集客は必須です。海外に住む方々に対しポスティングやDMなどのオフライン集客のアプローチができません。ほとんどの方は自国からインターネットの情報を頼りに旅行計画を立て、日本へ訪れます。

今回は多言語サイトを制作すべき3つのポイントと、制作時や運営における大事な注意点についてご紹介させていただきます。

日本の魅力を活かしたアピールができる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-min-1024x683.jpg

日本に住んでいると中々気が付きにくいものですが、「日本」というブランド力はとても高いです。どの国でも日本の車、日本食、アニメは特に人気が高いです。

私たちnnw studioはイギリスのロンドンから事業を運営しております。イギリスは移民大国で、ヨーロッパ、アフリカ、インドからの移民がとても多く、様々な国のルーツを持つ人々で溢れています。アジア系の方も結構いらっしゃいますが、中国語を話されている方がほとんどで、日系の方は少ないです。

日本人の比率は多くありませんが、ロンドンには多くの「日本を感じられるスポット」が存在します。アニメショップやユニクロ、MUJI、日本食のお店、食料品店にはお寿司、日本の製品も多く売られています。

イギリスのみならず、ヨーロッパの小さい国でも思わぬ場所で日本の製品に出くわすことがあります。(ブルガリアの小さい街のドラッグストアで日本の歯磨き粉を発見したこともありました)
近所の道を歩いていると、「I LOVE 日本」というTシャツを着ている方にすれ違ったこともあります。

日本で日本人の方とお話すると、「海外では差別を受けるのではないか?」「盗難被害に巻き込まれるのではないか?」と心配されて海外旅行を躊躇っている方も沢山いらっしゃいますが、恐らく皆さんが思っている以上に、世界は日本が好きな方の割合がとても多いです。

そんなブランド力の高い「日本」をアピールに利用しない手はありません。日本の魅力、そして自社のサービスや製品の魅力の両方をアピールできるWEBサイト制作がポイントです。

どのようなアプローチをしたいかと悩んだ時には、ご自身がどこかの国へ旅をするときの事を想像してみると分かりやすいです。
フランスに行く時はエッフェル塔を見て、フランス料理を食べ、フランスらしい文化を感じられるところに行こうと思うはずです。フランス旅行でメキシコ料理屋さんへ行き、アメリカンな雰囲気のホテルに泊まろうと考える人は少ないでしょう。

提供するサービスや製品にどういったこだわりがあるか、そして日本へ旅行へ来たと感じられる印象的なポイント(日本産の食材や製品を使用している、店内に日本デザインを取り入れているなど)は写真を掲載し、一目でわかりやすくアピールすることがおすすめです。

WEBサイトでは、出来るだけ多くの言語が表示できると、海外からのユーザーは更に魅力的に感じます。
こちらもご自身の海外旅行体験に置き換えてみると分かりやすいでしょう。海外旅行で行きたいホテルやお店をリサーチしている時、WEBサイトが日本語やご自身の分かる言語に対応しているととても嬉しく、つい予約してみたくなってしまうと思います。

インバウンド集客に力を入れたい場合は、制作費用を考慮した上で、様々な言語に対応できるWEBサイトを目指してみましょう。

SNSが苦手でもOK 独自のペースで進められる

現在ソーシャルメディア(SNS)は、オンライン集客でとても重要なものと考えられています。

日本ではインスタグラム、X、TikTokとLINE等が人気のサービスですが、ソーシャルメディアは個人により向き・不向きがとてもはっきりするツールです。
常に楽しく上手に使いこなすことができる方が社内にいる場合は、ソーシャルメディアを利用したアプローチはとても効果的です。

しかしソーシャルメディアがあまり得意ではない、苦手という方々は無理に手を出す必要はありません。これらを利用しない形でも十分に集客できる方法が沢山あります。

私自身もソーシャルメディアの利用を制限しています。私はHSPで昔からテレビやラジオなども刺激が強すぎるため視聴ができず、視覚や聴覚情報が多い場所に行けなかったり、少々風変りな生活を送っています。ソーシャルメディアも同様に、楽しいという感情よりもストレスになる割合の方が多い為、アクティブに利用することができません。

事業をはじめた時には、いくら苦手でも事業のためには「ソーシャルメディアを活用しなくてはいけない」のだと強迫観念を抱いていました。しかしそのうち、戦略をきちんと立てれば、WEBサイトだけでも十分に集客ができることが分かりました。

私が抱えていた同じような悩みを持っている方もいらっしゃるのではないかと思います。ソーシャルメディアが不得意な皆さんは、それでも事業成長の為とストレスを抱えながら挑戦している方もいるかもしれません。

ただこの時代になってもWEBサイトの集客力はまだまだ強く、ソーシャルメディアが全てではないので安心してください。

独自のペースで更新を行うことができ、お店やサービス、事業の「看板」としてアピールできるWEBサイトは大変便利です。またコメント欄を設けない限り、心無い中傷や酷いコメントなどで事業の評価やモチベーションを下げられるといった事もないので、そうした面でも安心な安定ツールです。

もちろんソーシャルメディアを上手に活用できる方が社内に居る場合はぜひ活用するべきです。得意なことは取り入れていく方がより良いでしょう。当社でも、最適な方を見つけられた時にはぜひ運営をお願いしたいと思っています。

Googleは世界共通の最強ツール

特にインバウンド集客となるとWEBサイトは効果的です。なぜなら、主流のソーシャルメディアは各国によって異なる為です。
先程も記載したように、日本ではインスタグラム、X、TikTokとLINE等が人気のサービスですが、例えばイギリスではLINEやXを利用している人はあまり居ません。

Xは日本やアメリカ以外ではあまり利用されていません。FacebookやSnapchatは日本では人気は低いですがメジャーで使用されている国があったりと、国によって人気のサービスがまるで異なります。

日本の美容室はホットペッパーを登録したり、飲食店では食べログに登録するのが主流ですが、こうしたサービスも外国人観光客の皆さんは知らないことも多いです。

そうなると、世界共通でもっとも利用されているサービスを使用する必要があります。現在、最も世界で利用されている検索エンジンは「Google」です。

Googleの上位に掲載されることが出来れば、圧倒的に多くのユーザーの目に留まる確率が上がります。検索の上位に掲載される為には、WEBサイトを制作し、SEO対策を行うことが必要となる訳です。Googleビジネスプロフィールに会社情報(店舗情報)やWEBサイト情報を掲載し、検索者の目に留まる可能性を広げるとより良いでしょう。

気を付けるべき点


続いて、多言語サイト制作や運営において、事前に注意しておきたい点をご紹介いたします。

無意識な差別的表現に気を付ける

日本でよく起こるのが「無意識な差別」です。日本は差別問題については意識が少し低いと言えます。

移民大国と異なり、日本に住む大半の方のルーツは「日本」である事が多いので、無意識や無知から起こる差別が多い事が現状です。

例えば見た目で「日本人ではない」と判断してしまい、英語で話しかけてしまうことも差別に繋がります。

どのような見た目の人が来ても、日本人である可能性や、日本語を話せる可能性もあると考え、日本語で第一声を話しかけ、伝わらなければ英語で話しかけるなどの対応が良いでしょう。

以前改修させていただいたWEBサイトであったケースでは、「当店の座席は大変広く、外国人のお客様にも喜ばれるゆったりで大きなスペースが自慢です」といった表記がありました。
婉曲的ですが、日本人以外は体が大きいという解釈にも繋がるので、少し危険な表記です。

外国人(海外の人)は、体が大きい、背が高い等の発言をされる方も時々いらっしゃいますが、こういった発言は少々危険です。一概に海外といっても200か国近くの国があり、外国人は皆こうだ、と決めつけてしまうことが出来ないからです。

美容室の「外国人風カラー」等の表記も少し考えものです。「外国人」には色々な人種が含まれており髪色もそれぞれ異なるので、この表現には少し違和感を感じる方もいるでしょう。

ある外国人観光客の方のお子様の写真を掲載し、「外国の赤ちゃんは目が大きくて可愛い」という文章を掲載しているWEBサイトもありました。

こういった内容でも記述しないことが良いでしょう。褒めているので良いのではないか、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、褒めることも貶すことも基本的に外見にまつわる評価は、特にWEB上には書かない事が最善です。ルッキズムや外見差別による問題は日本よりもシビアな国が多いので、こうした一文があるだけでも顧客離れになる可能性が高いです。

これらの表現や行動がそもそも差別問題になる可能性がある、ということに気付いていない日本人が多いというのが、一番の問題点です。グローバルで活躍するサービスを目指すうえで、どういった表現が差別に繋がるかというのはしっかりリサーチし、世界の常識や知識を高めておくことが大事です。


過度な情報掲載を避け、シンプルに

日本の広告や製品は、情報量がとても多いです。たくさんの情報をできるだけスペースを余さずに伝えようという制作者や企業側の気概を感じるほどです。

多言語サイトを制作する場合は、なるべくシンプルなデザインで、アピールポイントを分かりやすく伝える事がおすすめです。ユーザーが見たいものはメニューや料金情報であることがほとんどなので、これらのページへ簡単にアクセスできる構成がベストです。

文字が多いデザインは日本では人気ですが、世界的にはシンプルデザインが好まれる国が多いです。日本の文字量を多言語向けに起こすと、ほとんどのユーザーは読まずにWEBサイトから離脱してしまうでしょう。

セキュリティを強化しよう

日本語以外の言語ページを追加すると、高確率でスパムメールが増えます。コンタクトページにはreCAPTCHAを導入し、botからのスパム対策をしましょう。

サイバー攻撃にあう可能性も広がるので、管理画面のパスワードは必ず複雑化し、サーバーによっては海外IPの管理画面アクセスを拒否する設定があるので、ON設定にし、管理画面にアクセスできないよう対策しましょう。

トラブルにならない為の事前対策を

例えば、日本人と外国人観光客の料金設定が異なるレストランやカフェがあります。こういった価格変更は通常差別的であると言われ、あまり好まれませんが、どうしても価格変更しなくてはならない病む負えない事情がある可能性もあります。

なぜこのような形態をとっているかなど詳細をしっかり記載し、現地トラブルにならないための対策をしておくことが大事です。

(それでも外国人と日本人間の料金変更はかなり賛否両論があると思いますので、穏便にサービスを提供したい場合は同じ料金設定にするのが良いかと思います)

nnw studioで制作するメリット

最後に、多言語サイトをnnw studioで制作するメリットについてご紹介させていただきます。


WEBデザイン・構築・翻訳がすべて1社完結

多言語サイトを制作するにあたり、大きく分けてWEBデザイン、コーディング作業、翻訳の作業が必要となりますが、これらの作業は2~3社に分けて行われることがほとんどです。

しかしnnw studioではすべての作業を当社1社完結で行うことができます。仲介手数料なども発生しない為、通常の2~3社を通して制作する流れに比べて制作費用を抑えることができます。

英語はもちろんの事、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語などもお受けすることができます。ご希望の言語をぜひご相談ください。

WEBサイト制作後にアフターフォローが充実

当社はWEB制作後のアフターフォローが充実しています。WEB制作は公開して終了という訳ではなく、根気強く運営していくことが大事です。

特にアクセスアップに力を入れたいと考えていましたら、SEO対策プランがおすすめです。
Googleアナリティクスやサーチコンソールの設定も当社が行い、毎月末に、該当月のアクセス数やユーザー分析、今後の改善点、ターゲット国のトレンドや人気ワード分析などを掲載したSEOレポートをお送りします。

メール設定などWEB関係の厄介な作業をすべて丸投げ

新規でWEBサイトを制作すると、独自ドメインを利用されたいという方も多くいらっしゃいます。こうしたメール設定や、WEBに関する面倒な設定全般をすべてお受けいたします。苦手な作業はすべて丸投げしていただけます。

当社でのWEB制作に興味がある方はぜひお気軽に下記のコンタクトページからご連絡ください。